お墓について
お墓の構成
石の種類
墓石購入の流れ
お墓のリフォーム
墓石の通販について
お墓参りの仕方
日本の墓石の歴史
お墓の種類
霊園について
霊園の種類・形態
霊園選びのポイント
霊園契約の流れ
霊園契約の費用
葬儀について
葬儀の種類
葬儀のマナー
葬儀社契約の流れ
良い葬儀社の選び方
なぜ葬儀が必要なのか

霊園の種類 形態

墓地・霊園は経営する団体(自治体・宗教法人・公益法人)などによって大きくは3つの種類・形態に分かれます。 墓地・霊園それぞれにおいて異なる特徴や特色があります。 ※長所と短所はあくまで当サイトが考える目安です。お墓を選ぶ方の考え方や価値観、好みや予算によって長短も異なってきます。

寺院墓地

お寺の境内に墓地・霊園があり、主に寺院によって運営管理されていることが特徴。 【特徴】 ○長所 ・境内地に仏様(ご本尊)・本堂がある安心感 ・ご僧侶が身近にいらっしゃる為、葬儀や法要、供養面などにおいて恩恵 ・法話の拝聴ができたり、相談事にも乗ってもらえる心の平穏面 ・交通条件・アクセスに恵まれている所が比較的多い(首都圏・大阪など) ・寺院境内に墓域・お墓があるため、管理面が安心 ・寺院の歴史や境内地の醸し出す風格や独特の雰囲気 ・墓地・お墓の継承者がいなくなった場合でも、永代供養を受けられる場合がある(寺院状況にもよります) △短所 ・ほとんどの寺院墓地で、宗旨・宗派が限定される(ただし宗派が「在来仏教」であれば受入可能である場合もあるようです) ・既に特定の宗教をもっている場合、改宗の必要があります ・「檀家になること(入壇)」を新規契約の前提条件とする所が殆どです ・お寺の行事や活動への参加や寄付・修繕費の負担等を求められることがある ・墓石に関して、担当の石材店が決められていることが多い ・お墓・墓石の形状・デザイン、大きさなど墓石・お墓選択の自由度が低い(和型墓石の形が多い傾向にある) ・サービスを目的としておらず、信仰面が第一であるため、お寺や住職さんによって運営面での差がある 【チェックポイント】 ・対象寺院の宗旨宗派 ・寺院規則や入壇条件 ・徒歩で行った場合のロケーション(車の往来、坂道の勾配など) ・お寺の雰囲気や住職さんのお人柄

公営墓地

都道府県や市区町村などの「自治体」によって、運営・管理されています。地方では、昔から村落(旧行政村)が運営・管理する「共同墓地」という形態もあります。 【特徴】 ○長所 ・宗旨・宗派の宗教的制約がない ・管理料や永代使用料などの設定が低めである(ただし都営霊園など一等地にある霊園などは、民営霊園より高額の場合もあります) ・石材店の指定は無く自由に選べる ・公の墓地・霊園であり、運営が自治体であることによる安心感 △短所 ・霊園の申込に際していくつか条件がある(以下、条件例) ・住所が霊園の運営・管理する自治体の管轄にあること ・ご遺骨が有ること ・親族に承継者などがいること ・募集が不定期である。また受付期間も限定されており、結果として応募多数により抽選になることが多い ・立地・アクセスの面で不便な所が多い ・お墓の大きさや形状が指定されていることがある ・募集する区画が大概限定されている 【チェックポイント】 ・募集、又は「空き区画」の有無 ・申請者の住所が管理する自治体の管轄内であるかどうか ・承継者などの有無

民営霊園

財団法人や社団法人、または宗教法人から運営委託を受けて民間によって、管理・運営されています。 【特徴】 ○長所 ・個性的な雰囲気や特色があったり、サービス面など利便性向上の為の工夫をしている所が多い ・宗旨・宗派などの宗教的制約が無い(稀に宗教制限がある民間霊園もあります) ・申込に際しての条件は、公営霊園・寺院墓地に比べてゆるい ・お墓の大きさやデザイン等が比較的自由に選択できる ・寺院のように「入壇」などの条件がない △短所 ・基本的に担当の石材店が決められていて自由には選べない ・価格面において、比較的割高感がある 【チェックポイント】 ・立地や交通アクセス ・施設の利便性 ・運営・管理状況 ・お墓の予算やデザイン