お墓について
お墓の構成
石の種類
墓石購入の流れ
お墓のリフォーム
墓石の通販について
お墓参りの仕方
日本の墓石の歴史
お墓の種類
霊園について
霊園の種類・形態
霊園選びのポイント
霊園契約の流れ
霊園契約の費用
葬儀について
葬儀の種類
葬儀のマナー
葬儀社契約の流れ
良い葬儀社の選び方
なぜ葬儀が必要なのか

葬儀の種類

葬儀の種類

一体、葬儀にはどんな種類があるのか、あらかじめ知識を持ってから葬儀社と話をすれば、自分達の希望を伝えやすいでしょう。

葬儀式・告別式

「葬儀式」と「告別式」は別のものですが、現在では一つの流れの中で行われることの方が多いようです。 「葬儀式」は故人の魂を送るために行われる 儀式です。一方、「告別式」は、友人や知人が故人と最後のお別れをする社会的な式典です。

仏式葬

仏式葬は、日本人の約9割が行っている最も一般的なかたちで、僧侶の読経で見送る葬儀です。 菩提寺がある場合は必ず事前に連絡をして、葬儀の日程や戒名、お布施の金額などの打ち合わせを行います。

家族葬

「家族葬」は単独で行う葬儀です。家族や親しい友人など少人数で行います。「家族葬」を行う場合、会葬者だけでなく、他の方々へも、失礼のないようにお知らせをして、弔問・供花・香典などの辞退をする必要があります。

個人葬・社葬

遺族が主催して行 う一般的な葬儀が「個人葬」です。会社が主催して行うの葬儀が「社葬」です。遺族と会社が合同で行う場合は「合同葬」と言います。 また、葬儀は会社以外の団体が主催することもあります。これらは総 称して「団体葬」と言います。

直葬

葬儀をしないことも可能です。葬儀をしない場合も、亡くなった場所からの搬送、納棺、安置、死亡診断書の 提出と火葬埋葬許可書の取得、火葬が必要です。この場合、身内だけで火葬に臨みますが、火葬時 に僧侶にお経をあげていただくこともできます。

自由葬・音楽葬

従来の葬儀の形式にこだわらずに生演奏やCDなどによって音楽を「献奏」するような、音楽を重視した葬儀を「音楽葬」と呼びます。 故人が生前好きだった曲や関係の深かった音楽を式場に流すなど、音楽を中心に行います。

葬儀の法律

法律では、「死亡後24時間を経過した後でなければ、火葬してはいけない」「墓地以外の区域に埋葬、埋蔵してはいけない」といった規定はありますが、儀式に関する法的規制は一切ありません。 こだわりたいことがあれば、どのような葬儀を行いたいかのイメージを明確に持っておくことが重要です。